未分類
10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

Arthur Lipsett: reel visionary

lipsett-2

Arthur Lipsett is cinema’s lost prophet. Outside of Canada, his unique legacy of work has long been forgotten. But the Montreal-born filmmaker’s masterpiece, 21-87 (1964), inspired an idea that is probably worth the GDP of a small country these days. “When George saw 21-87 (1964), a light bulb went off,” says George Lucas collaborator Walter Murch. That spark formed Lucas’s ideas for “the force” and the rest…

read more »

Arthur Lipsett Arthur Lipsett in Montreal 1966 DC70_B1 Cult VIP_03_web DC70_B1 Cult VIP_04_web DC70_B1 Cult VIP_05_web Arthur Lipsett 
View Gallery (10 images) 

10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

老朽化した橋を公園に変える、OMAとOLINの「ワシントンD.C.版ハイライン計画」

ワシントンD.C.にある老朽化した高速道路の橋を、高架公園やカフェ、教育施設等として再生させる構想を紹介。
10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

■ 空前の和食ブーム 1

nihonbuuu.jpg
今日は久しぶりにコラム記事です。

さて世界的に空前の和食ブームが続いていますが、ここバルセロナもそれは同じ。
日本人経営のみならずスペイン人や中国人経営の日本食レストランが街の至る所に
氾濫しています。

現在流行の真っただ中、実際バブルの様相を呈しているこの和食ブームは
ラーメン、居酒屋、焼肉、焼き鳥、うどん、ぎょうざ・・・
10年、20年前なら3日で潰れそうな店まで、活況を呈していると言う
それはまさに和食狂想曲状態。
今、色んな人がこのバブル中を曲に合わせて踊って翻弄されていますが、
ご存知の様にこのブログで扱うのはスペイン料理、それに特化している訳ですから
私には、そんな事はどうでも良い事・・
本来無関係だったはずなのですが・・・

実のところ最近かなりの影響、それも悪い意味で受けています。

具体的には料理のメニューに、つまらないと言っては料理人の方に
失礼なのかもしれませんが、実際問題私が特に食べたいと思わない
和食に影響された創作料理が非常に目立つ。

例えばマグロを炙った「タタキ」と言う料理がここ何年前からバルセロナで見かけますが
まだそれは許せても、何度か食べさせられたサーモンのタタキって何か意味があるの?
ほんと真面目な顔をして出されると、ガッカリしてしまいます。

また定番のショウユ、ミソ、ダシはもちろん最近は、ワサビ、シソ、ユズ、コウジ・・・に
極めつけはキムチ。
私のお気に入りのガストロバルの「Coure」でタコとキムチを使った
料理を見た時は・・・・・・

これって・・
タコキムチ?

本当に冗談では無くて、バルセロナではこんな事が日常茶飯事に起きています。

ちなみに現在のバルセロナで日本食の影響の無い店を探そうと思えば地元伝統料理店で
それはある意味、昨日も今日も同じ事をただただ繰り返しているだけの
私が常日頃から批判している進歩の無い店、それしか無いのかも知れません。

また特に第一線を走るシエフの店、ミシュランの星が付くような店の料理ほど
この日本食の影響が大きく、私達日本人にはある意味今は

受難の時代と言えるのではないでしょうか?

たまには↓クリックしてネ!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

■ 空前の和食ブーム 1

nihonbuuu.jpg
今日は久しぶりにコラム記事です。

さて世界的に空前の和食ブームが続いていますが、ここバルセロナもそれは同じ。
日本人経営のみならずスペイン人や中国人経営の日本食レストランが街の至る所に
氾濫しています。

現在流行の真っただ中、実際バブルの様相を呈しているこの和食ブームは
ラーメン、居酒屋、焼肉、焼き鳥、うどん、ぎょうざ・・・
10年、20年前なら3日で潰れそうな店まで、活況を呈していると言う
それはまさに和食狂想曲状態。
今、色んな人がこのバブル中を曲に合わせて踊って翻弄されていますが、
ご存知の様にこのブログで扱うのはスペイン料理、それに特化している訳ですから
私には、そんな事はどうでも良い事・・
本来無関係だったはずなのですが・・・

実のところ最近かなりの影響、それも悪い意味で受けています。

具体的には料理のメニューに、つまらないと言っては料理人の方に
失礼なのかもしれませんが、実際問題私が特に食べたいと思わない
和食に影響された創作料理が非常に目立つ。

例えばマグロを炙った「タタキ」と言う料理がここ何年前からバルセロナで見かけますが
まだそれは許せても、何度か食べさせられたサーモンのタタキって何か意味があるの?
ほんと真面目な顔をして出されると、ガッカリしてしまいます。

また定番のショウユ、ミソ、ダシはもちろん最近は、ワサビ、シソ、ユズ、コウジ・・・に
極めつけはキムチ。
私のお気に入りのガストロバルの「Coure」でタコとキムチを使った
料理を見た時は・・・・・・

これって・・
タコキムチ?

本当に冗談では無くて、バルセロナではこんな事が日常茶飯事に起きています。

ちなみに現在のバルセロナで日本食の影響の無い店を探そうと思えば地元伝統料理店で
それはある意味、昨日も今日も同じ事をただただ繰り返しているだけの
私が常日頃から批判している進歩の無い店、それしか無いのかも知れません。

また特に第一線を走るシエフの店、ミシュランの星が付くような店の料理ほど
この日本食の影響が大きく、私達日本人にはある意味今は

受難の時代と言えるのではないでしょうか?

たまには↓クリックしてネ!
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

NOWNESS Shorts: Perry

NOWNESS Shorts: Perry
NOWNESS Shorts: Perry

It's hard to believe that skateboarding was outlawed in Norway between 1978 and 1989. Today, the scene in Oslo is thriving, with the country’s first skate magazine Dank helping to cultivate the grassroots of the city’s skating bloc. Editor-in-Chief Eirik Traavik and Art Director Jørn Aagaard look outside the sport’s vernacular for inspiration—for Perry, the latest NOWNESS Short, the pair collaborated with longtime Norwegian snowboarding filmmaker Kasper Häggström to create a new-wave skate film that reflects Traavik‘s desire to “experiment with the rules of skateboard media.”

Perry takes you from Oslo’s deserted summer streets while most of its inhabitants are on their seasonal migration to the coast, to the cabins and fjords of Tjøme, on the southern tip of Norway. “Perry and Dank both have similar minimalist aesthetics,” says Traavik, who credits the evolution of skate film to the influence of mercurial global brands like Polar, Palace and Bronze56k: “But it’s still very important for us to maintain a distinct Norwegian identity.”

Traavik explains that it was Häggström’s early snowboarding shorts such as Ducksjen that subverted the genre’s 'jock' cliché on its head. Armed with a similar approach, Dank sees the future of skateboarding as one that, in short, does not take itself too seriously.
10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

英国生物学会の写真コンテスト入賞作品:画像ギャラリー

英国生物学会が主催した動物関連の写真コンテストの入賞作品を紹介。テーマは、「住み処、生息地、隠れ家」だ。
10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

Google Glass、FKAツイッグスが踊りまくる新コンセプト動画(動画あり)

ロンドンを拠点として活動するシンガーソングライター「FKAツイッグス」が、「Google Glass」のチームと協力して作成したクールな動画を紹介。
10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

ER Motorcycles Voltron BMW R69s

I can remember the first time I ever saw the BMW R69S. It was a finely restored model in Dover White, and I was spellbound. Every man and woman who loves motorcycles has their own dream bike, and the R69S remains mine. I can’t imagine that bike being improved upon, [...]

The post ER Motorcycles Voltron BMW R69s appeared first on TheCoolist - The Modern Design Lifestyle Magazine.

10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

Washington School House Boutique Hotel – Park City Utah

Some may not peg Park City, Utah as a prime travel hotspot. They’d be wrong, of course. Thanks to the Sundance Film Festival and world-class skiing, Park City is sitting pretty in the travel department. To accommodate this well-to-do traffic, a new boutique hotel has opened in an unlikely building. [...]

The post Washington School House Boutique Hotel – Park City Utah appeared first on TheCoolist - The Modern Design Lifestyle Magazine.

未分類
10月 25, 2014
コメントは受け付けていません。

The record labels pushing dance harder

Qoso's “Jura”, animated by Stephen Vuillemin

The most exciting sounds from the underground all share a lo-fi, DIY attitude towards music – from grime and acid to just pure noise. Spanning from south London, Paris and all the way to sunny Australia; Dazed takes you through the most exciting, genre-defying dance labels of the moment.

read more »



ページ:1234567...2524»

!ike